SCORE CARDBACK NUMBER

海外興行が続々日本で
放送決定。その背景は。
~UFC、SHOWTIMEが日本進出か~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/04/06 06:00

海外興行が続々日本で放送決定。その背景は。~UFC、SHOWTIMEが日本進出か~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

UFN出場の左から宇野、五味、岡見。海外興行が「新市場」の日本に訴求するための3人だ

 海外のメジャーな格闘技イベントが、国内でも手軽にテレビ観戦できる状況が生まれつつある。例えば、UFC。3月31日にアメリカで開催された別ブランド『UFC FIGHT NIGHT』(UFN)が4月8日、テレビ東京系で放送される。この大会では五味隆典がオクタゴンデビュー。さらに岡見勇信と宇野薫も出場した。日本人選手が同じ大会に3名も出場するのは極めて異例だが、そこには主催者側のハッキリとした意図がある。今回のUFNを地上波で放送することでUFCブランドを日本に定着化させ、近い将来日本でのUFC開催を視野に入れているのだ。今大会は日本向けのプロモーションイベントと考えても差し支えあるまい。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

格闘技の前後のコラム

ページトップ