SCORE CARDBACK NUMBER

スランプを乗り越えた、
伊達の向上心と覚悟。
~全豪オープン本戦出場へ~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiroshi Sato/Mannys Photography

posted2011/12/26 06:00

スランプを乗り越えた、伊達の向上心と覚悟。~全豪オープン本戦出場へ~<Number Web> photograph by Hiroshi Sato/Mannys Photography

ダンロップWCで準優勝したクルム伊達(右)。2011年シーズンは自身最多の30大会に出場した

 もちろん待っていたわけではないが、可能性を考えないわけにはいかなかった。再チャレンジの4年目。クルム伊達公子の世界ランキングは一時、144位まで落ちた。四大大会は本戦圏外。ツアー大会も予選から出場しなくてはならない位置だ。下部ツアーを回ることになってもチャレンジを続けるのか、もしかしたら'11年限りの引退もあるのではないかと考えていた。

 ところが、10月下旬に快進撃が始まった。ツアーは終盤戦、伊達が出場できるのは下部ツアーの大会だけだった。ポワチエ(フランス)で約2カ月ぶりの白星を挙げると、そのまま突っ走って優勝。翌週は台湾で準優勝。さらに豊田市のダンロップワールドチャレンジでも準優勝と、ポイントを荒稼ぎして88位までランキングを戻したのだ。これで1月の全豪オープンは本戦からの出場が確定だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 545文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<2011年総集編> 日本の誇り。

Sports Graphic Number 794

<2011年総集編> 日本の誇り。

 

関連記事

クルム伊達公子

テニスの前後の記事

ページトップ