SCORE CARDBACK NUMBER

グランドスラムでも不振。
混沌たる五輪代表の行方。
~日本柔道界、“波乱”の理由~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2011/12/25 08:00

グランドスラムでも不振。混沌たる五輪代表の行方。~日本柔道界、“波乱”の理由~<Number Web> photograph by Shino Seki

2011年グランドスラム東京で、川端龍に朽木倒しで一本勝ちし、2連覇を果たした山本浩史

 12月9日から11日まで、柔道の国際大会「グランドスラム東京」が東京体育館で行なわれた。国際大会とはいえ、海外のトップクラスには欠場した選手も少なくはなく、顔ぶれとしてはやや寂しい色合いとなった。

 ロンドン五輪代表選考の大会でもある今回、日本勢は各階級にそれぞれ4名が出場。100kg超級は、石井竜太が準々決勝に進んだのが最高、100kg級でも穴井隆将が銅メダルにとどまるなど重量級は寂しい結果に終わり、世界選手権の不振を払拭できなかった。

 また、第一人者と目される選手が順当に結果を残した階級がある一方で、波乱が起きた階級も目立った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

山本浩二
高上智史
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ