SCORE CARDBACK NUMBER

“孤高の新大関”稀勢の里、
活躍の鍵は亡き師の言葉。
~大相撲、波乱の一年に幕~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/12/11 08:00

“孤高の新大関”稀勢の里、活躍の鍵は亡き師の言葉。~大相撲、波乱の一年に幕~<Number Web> photograph by KYODO

琴奨菊に敗れた稀勢の里は、土俵下に転がり落ちると右の拳で床を叩き悔しさを顕にした

 一年納めの大相撲九州場所は、なんとも締まりのない形で幕を閉じた。横綱白鵬は13日目にして早くも21度目の優勝を決めたものの、双葉山と大鵬を抜く全勝優勝9度目の新記録を目前に、把瑠都にそれを阻まれた。場所前、「この1年、相撲界ではいろいろな問題があった。振り返ると、まだ心も体も疲れが抜け切れていないように思う」と吐露していた白鵬。そんな心の隙が、最後の土俵に垣間見えてしまったような一番だった。

 一方、新大関としてご当地場所に上がった琴奨菊には、初優勝が期待されたが、10日目から4連敗。「満足してます」とのその言葉には、今後の奮起を促したい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 659文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

誰も知らないキング・カズ。

Sports Graphic Number 793

誰も知らないキング・カズ。

 

関連記事

稀勢の里
琴奨菊

相撲の前後の記事

ページトップ