SCORE CARDBACK NUMBER

フレージャーが残した
アリとの名勝負と遺恨。
~スモーキン・ジョーの死に思う~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2011/12/07 06:01

フレージャーが残したアリとの名勝負と遺恨。~スモーキン・ジョーの死に思う~<Number Web> photograph by AP/AFLO

1971年の初対決では無敗を誇っていたアリからダウンを奪っての圧勝。世界に衝撃を与えた

 あのスモーキン・ジョーが死んだ。試合中は後退を知らず、フォアマンに6度倒されながらなお戦い続けようとしたタフガイが、67歳の若さでがん死するとは……。

 ジョー・フレージャーはモハメド・アリの最大のライバルであり、アリに初黒星をなすりつけた男でもある。ボクサー型のアリ対ファイター型のジョー。天才対ブルーカラーの希望。2人は何から何まで好対照をなす宿敵同士だった。

 3度の対決は今や伝説となったが、特に当時「世紀の一戦」と言われた'71年ニューヨークMSGの初戦の激闘は忘れがたい。リングサイドカメラマンとして『ライフ』が派遣したフランク・シナトラが、興奮して撮りまくった手ブレの試合写真。最終15回にジョー得意の左フック一閃、アリが両脚をはね上げてダウンしたシーン。'75年の第3戦「スリラー・イン・マニラ」で互いに死の淵を覗くところまで消耗戦を続けた果ての14回終了時、ジョーの意思に反してセコンドのエディ・ファッチが棄権を申し出たシーンとともにリング史に残る名場面である。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ジョー・フレージャー
モハメド・アリ

ボクシングの前後のコラム

ページトップ