濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

沈みゆく格闘技界を救うふたりの女神、
RENAと神村エリカが紡ぐ新たな物語。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/12/05 10:30

沈みゆく格闘技界を救うふたりの女神、RENAと神村エリカが紡ぐ新たな物語。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

11月23日、東京ドームシティホールで開催された初代RISE QUEEN決定戦。距離感が掴めず、思ったように攻撃ができない神村エリカ(写真左)に対し、RENAはステップを使い、上手く踏み込みパンチを浴びせ続けた。試合は判定3-0でRENAの勝利。初代立ち技女王に輝いた

ふたりの戦いは格闘技界再生の起爆剤となるか?

 RISE・伊藤代表もシュートボクシングの森谷吉博広報も「ここからがスタートです」と口を揃えた。

 神村は敵地のシュートボクシングでトーナメントを制覇し、ホームのRISE王座を獲得できなかった。シュートボクシングの王座決定戦で敗れたRENAは、RISEのベルトを巻いた。この“ねじれ”によって、栄光と挫折が複雑に絡み合うストーリーは来年以降も続くことになった。“追う者”に転じた神村は、今まで以上の凄味とともにリングに帰ってくるだろう。

 この物語をどこまで大きいものにできるかが、2012年の日本格闘技界にとって重要なテーマとなることは間違いない。

 大一番を終えたばかりだというのに、RENAは「まだいける、もっともっと、という気持ちです」と言葉に力を込めた。

「神村選手とは、何年後かにまた闘いたいです。今度は、本当に本当のビッグマッチで」

 彼女が念頭に置いているのは、おそらく日本武道館や横浜アリーナといった大会場のメインイベントであり、地上波生中継だろう。

 K-1やPRIDEの文脈とは違うところで生まれた新しい時代の新しい物語には、それだけの可能性がある。

関連記事

BACK 1 2 3
RENA
神村エリカ

格闘技の前後の記事

ページトップ