SCORE CARDBACK NUMBER

61歳で壮絶渾身ファイト。
どこまで続く、天龍劇場。
~35周年記念興行の異様な熱気~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2011/11/30 06:01

61歳で壮絶渾身ファイト。どこまで続く、天龍劇場。~35周年記念興行の異様な熱気~<Number Web> photograph by Essei Hara

激しいチョップ合戦の末、佐々木(左)に敗れた天龍。胸を赤く腫らしつつ限界まで戦った

 来春2月に62歳を迎える頑固親父、なんでそこまでやるの……。“生涯現役”を貫いた恩師・ジャイアント馬場さん(享年61)を超えたじゃないか。

 天龍プロジェクト主催の「天龍源一郎プロレス35周年記念興行」が、11月10日、東京・後楽園ホールで行なわれた。オープニングマッチにプレミアム出場した天龍は、メインにも再出場。途中でブッ倒れながら1日2試合を戦い抜くという渾身のファイトをやってのけた。

 この日のメインは、全員が歴代3冠ヘビー級王者という、超豪華な6人タッグマッチ。天龍は鈴木みのる、諏訪魔とトリオを組み、佐々木健介、小島聡、太陽ケア組と激突した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

鈴木みのる
諏訪魔
佐々木健介
小島聡
太陽ケア
天龍源一郎

プロレスの前後のコラム

ページトップ