SCORE CARDBACK NUMBER

「マクベス」をリングで熱演。
大日本、何でもありの真骨頂。
~地域密着プロレスの奮闘~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byBJW

posted2012/01/02 08:00

「マクベス」をリングで熱演。大日本、何でもありの真骨頂。~地域密着プロレスの奮闘~<Number Web> photograph by BJW

主役の関本マクベスと夫人役の李日韓。シェイクスピア・シリーズは今回、最終章を迎えた

 感服。よくぞ、あんなに長いセリフを覚えたもんだ。

 グレート小鹿率いる“何でもあり”の大日本プロレスが、11月29、30日の2日間、横浜赤レンガ倉庫1号館ホールで、シェイクスピア四大悲劇のひとつ「マクベス」に挑戦。またまた業界を驚かせた。

 舞台衣装を身にまとったレスラーが台本に沿ったセリフや歌などを披露しながら、物語世界とプロレスを同時進行させていくという、この野心的な試み。初日はデスマッチ・バージョンでエースの伊東竜二が、2日目はストロング・スタイルで関本大介がマクベス役を演じ、レフェリーの李日韓がマクベス夫人となって、歌と踊りをリード。選手全員がまさしく体当たりの演技で観客を大いに沸かせた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 630文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<2011年総集編> 日本の誇り。

Sports Graphic Number 794

<2011年総集編> 日本の誇り。

 

関連記事

関本大介
伊東竜二

プロレスの前後の記事

ページトップ