オフサイド・トリップBACK NUMBER

テベスの次は誰か? マンUとマンCを
完成させる「最後の更迭人事」。
 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/11/20 08:02

テベスの次は誰か? マンUとマンCを完成させる「最後の更迭人事」。<Number Web> photograph by Getty Images

「私の指揮下ではテベスは決してプレーしないだろう」と語ったマンチーニ監督。テベスの方は、マンチーニとチームの扱いに対して名誉棄損や契約義務違反で訴える準備があると言われている

テベス問題が解決してもマンチーニの処遇は……。

 雨降って地固まるとでもいうべきか、テベスの一件に関して監督のマンチーニは100点満点に近い反応を見せた。まずは毅然とした態度を示し(「テベスは終わった選手だ」)、次には懐の深さもアピールする(「誰にでも過ちはある。謝罪すれば水に流そう」)。

 これはインテルの監督時代から、ともすればお神輿などと言われがちだったマンチーニにとって大きかったし、あまりにもスター選手が多すぎて、誰もチームをコントロールできないとされるマンCというクラブそのものにとっても画期的だった。

 とは言え、マンチーニは、イギリスのブックメーカーでは「次に首を斬られそうなプレミアの監督リスト」でいまだにランキングの上位に入っている。新生マンCのチーム作りは、テベス問題が落着した時点で一応のピリオドとなるのか、あるいはやはり監督人事にまで波及してしまうのか。マンチーニの甘く危険な挑戦の行方も要注目だ。

 様々な柵(しがらみ)や思惑、そして野望を伴いながら、どんどん変貌をしていくユナイテッドとシティ。マンチェスターの両雄は、ピッチ上のパフォーマンス以外でも、格好のエンターテインメントを供給し続けている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マンチェスター・シティ
カルロス・テベス
ロベルト・マンチーニ
マンチェスター・ユナイテッド
ウェイン・ルーニー
アレックス・ファーガソン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ