SCORE CARDBACK NUMBER

UFC白星デビューを飾った
日沖発の“胸を打つひと言”。
~「ジャパニーズMMAは死んでない」~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/11/12 08:00

UFC白星デビューを飾った日沖発の“胸を打つひと言”。~「ジャパニーズMMAは死んでない」~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

185cmの長身を生かしたループに苦戦した日沖は「自分の技術も改善していく」と語った

「ヒオキの調子はどう?」

 試合前、会場でファンから質問を受けた。10月29日、アメリカ・ラスベガスで開催されたUFC137。この日がUFCデビューとなる日沖発に対する現地の関心度は想像以上に高かった。実力も折り紙付き。ギャンブルの街であるラスベガスでUFCは賭けの対象になっているが、有料放送枠となる後半戦の中で日沖の倍率は最も低かった。それだけ彼の勝利は固いものだと思われていたのだ。

 打撃、テイクダウン、グラウンドワークが別個に存在するのではなく、まるで水が流れるかのように連動している日沖独特の試合運びにはUFC首脳も大きな期待を寄せていたのだろう。案の定、日沖は判定でジョージ・ループを下した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

日沖発

格闘技の前後のコラム

ページトップ