F1ピットストップBACK NUMBER

ハミルトンが韓国GPで6戦ぶり表彰台。
なのに……笑顔が無かった理由とは? 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2011/10/21 10:30

ハミルトンが韓国GPで6戦ぶり表彰台。なのに……笑顔が無かった理由とは?<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

「こういうハードなレース展開のプレッシャーに耐えることはF1王者の証明だと思っている。今日は、そのことを示すことができた」とレース後にコメントしたハミルトン

元王者とマクラーレンの復活をかけた戦いは続く……。

 マクラーレンのあるスタッフは韓国GPの週末のハミルトンについて、次のように語ってくれた。

「特に今週末、ルイスに変化はなかった。予選後に喜びを爆発させないことをみんなは驚いているけど、われわれから言わせれば、レースはまだ終わっていないのだから、ルイスのようにチェッカーフラッグが振られるまで沈黙を保つのは当然のこと。そして、そのレースで負けたんだから、喜べるわけがない。負けて喜んでいるドライバーなんて、マクラーレンには必要ないからね。

 レースでも、接触を恐れて『譲る』なんてことをしていなかったことは、ウェバーとのバトルを見ればわかるはず。最近、接触が多かったのはもちろんルイスに非がまったくなかったという訳じゃないけど、どちらかというと相手に恵まれなかったんじゃないかな。

 今回はベッテルとウェバーというトップドライバーだったことが、クリーンなバトルにつながった大きな要因。特にルイスがドライビングを変えたということはないし、変える必要もない。これからもルイスらしく、どんどんやってほしい」

 日本GPのドライバーズチャンピオンに続いて、韓国ではコンストラクターズタイトルも決した。しかし、元王者の完全復活へ向けた戦いはまだ続いている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルイス・ハミルトン
マクラーレン
レッドブル
マーク・ウェバー
セバスチャン・ベッテル

F1の前後のコラム

ページトップ