SCORE CARDBACK NUMBER

来季に向けて浮上した
“6人目の王者”の名前。
~ライコネンのF1復帰はあるのか?~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/10/19 06:00

来季に向けて浮上した“6人目の王者”の名前。~ライコネンのF1復帰はあるのか?~<Number Web> photograph by Getty Images

2007年王者のライコネン。現在は自身のチームからWRC参戦中。今年はNASCARにも挑戦した

 '12年に向けて名門メーカー系チームの動きが早くも始まっている。

 とくに目立つのがメルセデスGPだ。2年目も優勝どころか表彰台になかなか上がれず、上位入賞がやっと。そこで日本GP直前の9月末、新たな“テクニカル部門”の立ち上げを発表し、かつてフェラーリで腕をふるったA・コスタを据えた。本社側も“旧BAR体制”のままでは無理と判断し本腰を入れたのだろう。何度も噂になったM・シューマッハー引退説を本人が完全否定し'12年以降に期待していると言うのも、このチーム強化策が進められたからだ。

 1勝したものの戦線から脱落したフェラーリは、シンガポールGPから'12年用パーツテストに踏み切った。来季の車両規定は例年に比べ変更箇所が少なく、現行マシンをベースにした発展型になる。最終戦にかけてその“実戦テスト”をするのは選択として賢い。技術陣スタッフに黄金時代を支えた実力派デザイナー、R・バーンを再び起用する動きもある。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

メルセデスGP
フェラーリ
キミ・ライコネン
ルノー
ウイリアムズ

F1の前後のコラム

ページトップ