SCORE CARDBACK NUMBER

タイトル戦敗北の岡見に
必要不可欠なプラスα。
~UFC日本大会で再起なるか?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/09/19 08:00

タイトル戦敗北の岡見に必要不可欠なプラスα。~UFC日本大会で再起なるか?~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

絶対王者の地元で開催されたタイトル戦。入場した岡見は大会最大のブーイングを浴びた

 日本の切り札が敗れた。

『UFC134』(8月27日・ブラジル)で、岡見勇信がアンデウソン・シウバに挑んだUFC世界ミドル級タイトルマッチ。1R中盤までは互角の攻防を繰り広げたが、ラウンド終了間際にアンデウソンに左ハイキックをヒットされると、試合の流れは完全に王者ペースに。

 2Rになると体を揺らしながら相手を追い詰めていくアンデウソン独特の動きに、岡見は完全に呑まれていた。その後二度もダウンを奪われたあと、パウンドを打ち込まれジ・エンド。受けたダメージも大きく、試合後は病院へ直行した。

 過去UFCで10勝2敗と日本人選手の中では断トツの戦績を残す岡見でも、未だUFCでは負けを知らないアンデウソンの牙城を崩すことはできなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

岡見勇信
アンデウソン・シウバ

格闘技の前後のコラム

ページトップ