SCORE CARDBACK NUMBER

阪神を支えるルーキーが
鳴尾浜で見つけたもの。
~榎田大樹、闘志の源~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/09/15 06:00

阪神を支えるルーキーが鳴尾浜で見つけたもの。~榎田大樹、闘志の源~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

8月28日のヤクルト戦。8回表を無失点に抑え、藤川へと繋ぐ完封リレーで、勝利に貢献

 史上稀に見る混戦になってきた今年のセ・リーグ。

 90試合以上を消化した時点で上位チームが3.5ゲーム差以内にひしめいているのは'73年以来、38年振りのこと。ヤクルトが8月に7勝15敗と失速したことが原因だが、下位に沈みそうで沈まなかったのが阪神だ。抑えの藤川球児に繋ぐ中継ぎ陣の踏ん張りが大きい。その中心にいたのが、右の小林宏、左の榎田大樹、二人の新加入組だった。

 なかでも新人の榎田は、開幕5試合目の中日戦で一軍デビューすると、切れのいいスライダーと内角をつく大胆な投球で、首脳陣の信頼を勝ち取った。一時は“先発で”と言う声も上がったが「中継ぎに絶対に必要な存在」という久保康生投手コーチの考えもあり、藤川へと繋ぐ勝ちパターンを任されるようになった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

阪神タイガース
小林宏
榎田大樹
久保康生

プロ野球の前後のコラム

ページトップ