SCORE CARDBACK NUMBER

セレクトセールに見る、
日本のセリの世界標準化。
~成熟する競走馬市場~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/08/14 08:00

セレクトセールに見る、日本のセリの世界標準化。~成熟する競走馬市場~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今年の最高価格3億6千万円は日本のセリ史上で1歳馬の最高額、当歳馬を含めても3位

 長い間当歳馬が取引の主役をつとめていた、日本の競走馬のセリ市場。貴重な超良血馬を手に入れるためには、スピードを第一として、ためらいなく大金を投じるという姿勢が必要不可欠とされていた。そのような風潮の中においては、1歳馬のセリというとそれ自体が売れ残りセールのように見られてしまう傾向があり、値段も当歳馬より1歳馬が安価なのが当たり前だった。

 しかしこれが世界のスタンダードかといえばそうではなく、欧米の競走馬の取引は1歳馬が圧倒的な主流。早く手に入れるということはそれだけ買い手の側にリスクが生じるため、彼らの常識では当歳馬が1歳馬より高値で流通する日本のセリのシステムは理解されにくかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>女子ワールドカップ優勝記念なでしこ激闘録。

関連記事

競馬の前後の記事

ページトップ