濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

K-1の“常識”に挑み続けた、
軽量級キックボクサーの石川直生。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byTakao Masaki

posted2009/12/30 08:00

K-1の“常識”に挑み続けた、軽量級キックボクサーの石川直生。<Number Web> photograph by Takao Masaki

2009年はKrushライト級GPで数々の名勝負を繰り広げてきた石川。2010年には60kgと70kgの逆転現象を起こし、大晦日の舞台に再び挑戦していく

神がかりの勝利が“メジャー”を振り向かせた。

 念願の『Dynamite!!』出場こそかなわなかった石川だが、その活躍は“メジャー”を振り向かせた。

 2010年1月4日、『Krush』後楽園大会のメインで、谷川貞治K-1イベントプロデューサーが推薦した“刺客”ジョン・デニスと対戦することになったのだ。この試合に勝ち、内容が認められれば、石川はK-1本戦出場を果たすことになるだろう。

 ただし、石川にとってはK-1出場がゴールではない。

 2010年のテーマは、全日本キック時代からのライバルである山本真弘、山本元気、前田尚紀らとともにメジャーのリングを席巻し「60kgと70kgの立場を逆転させること」だと石川は語っている。さらにその先の目標もある。「K-1からのオファーを断れるくらいの選手になりたい」と言うのだ。K-1出場を断ってでもやりたいのは、超満員の後楽園ホールでキックボクシングの試合をすることである。

 メジャーとマイナー、階級による人気の違い、そしてルールの壁。誰もが当たり前だと思いこんでいた常識に、石川は挑み続けた。

「“デカいことばっかり言いやがって”って嗤われたこともありますよ」と言う石川だが、いまやK-1も無視できないほど彼の存在が大きくなっているのは事実だ。おそらく2010年に嘲笑は止み、常識は打ち破られるだろう。

 2009年の石川直生、とりわけ『Krush GP』での信じがたい勝利の連続を目にした者なら、誰もがそう思えるはずだ。

■関連コラム► 『Krushライト級GP』という、危険で濃密なジェットコースター体験。
► 『Krush GP』に抱いた畏れと、人智を超えた逆転劇。

コメントする・見る
BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川直生

格闘技の前後のコラム

ページトップ