SCORE CARDBACK NUMBER

柔道女子48kg級で起きた
完全なる“政権交代”。
~時代は谷亮子から福見友子へ~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2009/12/31 08:00

柔道女子48kg級で起きた完全なる“政権交代”。~時代は谷亮子から福見友子へ~<Number Web> photograph by Shino Seki

公式戦で唯一谷亮子から2勝している福見。ライバル山岸にも差をつけ女王の座に就いた

 今年の日本柔道界を振り返ってみて、いちばん大きな変化を遂げたのは、この人だったかもしれない。

 12月11日から13日まで行なわれた「グランドスラム東京」を制した48kg級の福見友子である。この大会は、オリンピック、世界選手権、マスターズに次ぐ世界4大大会のひとつとして、昨年まで行なわれていた嘉納杯を改称して実施されたもの。今年を締めくくる大会を、福見はポイントを一つも失うことなく制した。昨年に続く優勝だが、今回の姿には、風格さえ感じられた。

 福見は今年8月の世界選手権で、初出場にして優勝を遂げた。これまでは代表選考会で優勝しても「実績不足」を理由に、大きな国際大会の代表に選ばれなかったが、国内外の選考対象大会で優勝して日本代表に選出。「絶対に金メダル」と背水の陣で臨み、ようやくつかんだチャンスを見事、いかしたのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

福見友子
谷亮子
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ