SCORE CARDBACK NUMBER

相撲界の真価が問われる
半年振りの本場所開催。
~名古屋場所の見どころと課題~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/07/09 08:00

相撲界の真価が問われる半年振りの本場所開催。~名古屋場所の見どころと課題~<Number Web> photograph by KYODO

名古屋場所の番付を手にする横綱白鵬。番付発表も昨年12月以来、半年振りのことだった

 天皇皇后両陛下ご臨席の「天覧相撲」があったのが、今年1月の初場所初日のこと。思えば昨年の名古屋場所は賭博問題でNHKの生中継が中止となり、天皇賜杯をはじめとする数々の表彰も自粛。優勝旗だけを寂しく受け取った白鵬の涙が、記憶に新しい。年が明けてのこの天覧相撲は、その「禊が済んだ」証左ともなっていたのだが――。場所後にはさらなる激震、「八百長問題」が勃発してしまった。3月大阪場所は中止、続く5月夏場所は「技量審査場所」と称され、興行色を排除した異例の本場所として幕を閉じた。

 放駒理事長曰く「やっと一段落ついた状態」の相撲協会一行は、6月上旬、岩手、宮城、福島県の10カ所の被災地を慰問。各地で大歓迎された力士たちの姿を見て、同理事長は感慨深げにこう言った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 577文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

答えは過去にあり。~ニッポンの名将特集~

関連記事

白鵬
魁皇
琴奨菊

相撲の前後の記事

ページトップ