SCORE CARDBACK NUMBER

3度の右ヒジ手術を経て、
大塚晶則、復活への誓い。
~投手兼コーチとしての再出発~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/07/04 06:00

3度の右ヒジ手術を経て、大塚晶則、復活への誓い。~投手兼コーチとしての再出発~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

5月にはペトコ・パークで被災者支援のチャリティーサイン会を開催し、始球式も務めた

 表情は穏やかでも、言葉は力強かった。右ヒジの故障から現役復帰を目指す元レンジャーズの大塚晶則が、再びユニフォームを着てグラウンドに戻ってきた。「なんとかケガをする前の状態にもっていきたい。体の使い方も少しずつ思い出してきましたし、下半身も動くようになってきました」

 南カリフォルニアを中心として行なわれているウェスタン・ベースボール・アソシエーション(WBA)に、今年から“ナックル姫”吉田えりも所属する日本人チームの「サムライ ALL JAPAN」が参戦。その投手兼任コーチとして、今年6月から再出発したのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 656文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メンタル・バイブル~20人のアスリートが明かす心の整理術~

関連記事

大塚晶則

MLBの前後の記事

ページトップ