ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

バイエルンが手に入れた翼。
~ロッベン、衝撃のデビュー~ 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2009/09/18 11:30

バイエルンが手に入れた翼。~ロッベン、衝撃のデビュー~<Number Web> photograph by Uniphoto Press

ロッベンは加入早々、リベリーとの黄金コンビを結成。バイエルンは好調の波に乗った

ベッケンバウアー会長も絶賛するバイエルンの両翼。

 これまでブンデスリーガのFWたちを苦しめてきたバルザーリとベナーリオを、ロッベンは軽くあしらってしまった。

 ヴォルフスブルクの二人がうなだれる傍らで、ロッベンとリベリーが抱擁をかわす。そのコントラストが、闇にうかぶ芝生の上で、ひときわ輝いて見えた。バイエルン・ファンのプライドをくすぐる名シーンが生まれた瞬間だった。

 こうして、ロッベンとリベリーが両翼を担い、ゴメスが中央でかまえる強力な3トップが完成した。ベッケンバウアー会長は誇らしげだ。

「このグルーヴ感、そしてスピード。ロッベンとリベリーのようなコンビは、見たことがないね。バイエルンの両ウイングはヨーロッパ最高のレベルにある」

 バイエルンはヨーロッパの舞台で羽ばたく翼を手に入れた。そうベッケンバウアー会長が断言したくなるほど、リベリーとロッベンのスピードは圧倒的だった。

ドイツ語の挨拶で締めくくった「完璧な夜」。

 試合のあと、ロッベンの入団会見が行なわれた。付き添っていた広報部長が断りをいれる。

「ロッベンはまだドイツ語を話せません。英語での会見といたしますが、よろしいですか?」

 記者たちが期待の面持ちで見つめるなか、ヒーローは流暢な英語で感想を述べていく。

「今日は特別な夜になったよ。リベリーともうまくやれたしね。ただ、まだ勝ち点3を稼いだだけだ。これからの数試合が大事になってくる」

 初めて戦ったブンデスリーガの感想を、ロッベンはリラックスした表情で語った。その後は、質疑応答。記者との矢継ぎ早のやりとりで、あっという間に時間は過ぎていった。そして、最後の質問が投げかけられた。

「ところで、もう覚えたドイツ語ってあります?」

「うーん……」とロッベンは表情を曇らせた。それでも、記者は食い下がる。

「何か、ひとつでいいんで……」

 ロッベンは、試合で見せたプレーと同様に鋭く切り返した。

「Auf Wiedersehen」

 はにかみながら、かすかに笑みを浮かべながら、ドイツ語を披露した。アウフビーダーゼーン──さようなら、という意味である。

 記者たちの笑い声が響き渡り、その余韻の中でロッベンは会場を後にする。ロッベンの完璧な夜はこうして幕を下ろしたのだった。

関連記事

BACK 1 2
アリエン・ロッベン
フランク・リベリー
バイエルン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ