SCORE CARDBACK NUMBER

雨の大混戦を制した「2人のバトン」。
~異常事態続発のカナダGP~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2011/06/23 06:00

雨の大混戦を制した「2人のバトン」。~異常事態続発のカナダGP~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

バトンは今季初優勝。ドライバーズポイントでは1位ベッテルに60点差の2位に浮上した

 雨が次々とやって来た週末、42回目のカナダGPは異常事態が続発する展開になった。水煙のなかあちこちで大物たちが接触リタイア。豪雨による2時間4分の赤旗中断後、セーフティカースタートが切られた中盤戦からは、ハーフドライコンディションでのマッチレースがコース全域で繰り広げられた。

 スタンドのファンは雨に濡れたまま4時間を超えるレースの行方を見届け、ファイナルラップでの逆転劇には総立ちとなった。現王者S・ベッテル対前王者J・バトン。大混戦に終止符を打つバトルは狭い6コーナー・シケインで決着を見た。

 今季6度目となるPPを獲得したのはベッテルだった。しかし、カナダで最多タイ11勝を挙げているマクラーレンは、ウェットレースでの打倒レッドブルを狙っていた。日曜は雨がらみになると予測しマシンセットアップを練る。空力性能面ではダウンフォースを強めに、サスペンションは幾分かソフトに。これではドライになった場合、直線速度は伸びないが、濡れた路面ではしっかりグリップし、滑りやすい舗装にもマッチする。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 464文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メンタル・バイブル~20人のアスリートが明かす心の整理術~

関連記事

ジェンソン・バトン
セバスチャン・ベッテル
マクラーレン
レッドブル

F1の前後の記事

ページトップ