イチロー メジャー戦記2001BACK NUMBER

罵声。 

text by

奥田秀樹

奥田秀樹Hideki Okuda

PROFILE

photograph byKoji Asakura

posted2001/04/30 00:00

罵声。<Number Web> photograph by Koji Asakura

 マリナーズが好調を維持している。ニューヨーク・ヤンキースにも2連勝で、ここまで17勝4敗。イチローも「こんなに強いとは思わなかった。試合の中で充実感があります」と語っている。

 ヤンキースの先発はクレメンス、ペティートとエース級だったが、食い下がり、接戦に持ち込み、最後は佐々木をはじめとする強力ブルペンで競り勝つ。いつものパターンだった。まだ8分の1とはいえ、優勝を意識するのに十分な出足である。

 ヤンキースタジアムといえば、ファンのマナーの悪いことで有名である。去年までマリナーズの正右翼手を勤めた先輩ジェイ・ビューナーはこう話していた。

「あそこのファンは本当にクレージーだ。乾電池、コイン、かたゆで卵、ビー玉、投げられるものならなんだってぶつけに来る。特に忘れられないのは'95年のプレーオフ。2階席からペプシの大きなボトルが降って来たんだ。あそこまでくると犯罪行為だよ」

 犯罪行為といえば、エンジェルスのベテラン一塁手ウォーリー・ジョイナーは小型ナイフを投げつけられたことがあるらしい。

 もっとも、4月24日、イチローのニューヨークデビュー戦では、こういったトラブルはなかったようだ。2週間前、オークランドでコインの洗礼を受けたイチローだが、「ファンのマナーは良かったです、何も飛んでこなかった」と語っている。

 ビューナーにコインの話をすると、彼はおもむろにグローブを出して見せてくれた。

「ファンがコインを投げてきたら、せっかくだから頂戴して、グローブに挟むことにしているんだ。グローブがいっぱいになったら、ズボンのポケットに入れる。楽なお金儲けだし、前にマリナーズにいたケン・グリフィーJr.と、どっちがたくさん稼いだか競い合ったものさ」

 ところで、ヤンキースタジアムが危ない理由は、右翼の定位置が観客席から近いからである。左のプルヒッターに有利に作られており、外野ファールグラウンドは存在しないも同然だし、右翼ポールまでわずか95.5mである。ベーブ・ルース、ロジャー・マリスの時代はそれより短い90mで彼らはそれで随分得をした。

 イチローも「今まで見た球場の中で最も小さく感じました。外野からバックネット裏や内野席がすごく近く見える。ファウルグラウンドがほとんどないので、変な錯覚をする」と話している。

 ちなみに、ファンのマナーが悪いといえば、ボストンのフェンウェイパークも相当のものらしい。こちらは5月8日から10日に試合が予定されている。

関連コラム

イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ