詳説日本野球研究BACK NUMBER

菊池フィーバーから日産休部まで。
2009年アマチュア球界10大ニュース。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/12/28 10:30

菊池フィーバーから日産休部まで。 2009年アマチュア球界10大ニュース。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

09年夏の甲子園で、敗れてなお主役となった菊池雄星。日本文理は新潟県勢初の決勝進出となった

2010年のドラフトが楽しみな大学生の逸材たち。

 社会人野球の'09年ベストナインが発表され、都市対抗優勝、日本選手権準優勝のHondaからベストナイン受賞者6人が選出された。長野久義(巨人1位)が抜けても、当分強さは持続していくだろうと思わされた。それほどHondaの戦いぶりには安定感があった。東高西低の勢力図は変わらないが、戦いぶりを見てNTT西日本、大阪ガス、三菱重工神戸、パナソニックなど近畿勢の復活ぶりも目についた。静かに社会人野球の勢力図は変わりつつあるのかもしれない。

 日米大学野球、WBCでの2連覇も注目に値する。プロとアマの違いはあるが、国際大会でオールジャパンが優勝すれば高校生以下の若年層への好影響は計り知れない。WBCは大会の存続を危ぶむ声もあるが、アメリカ式の派手な舞台・テレビなどへの露出ができなくても継続することを第一に考えるべきだろう。これはとくに選手会にお願いしたい。

 3位の「大学野球を席巻した下級生(1~3年生)投手」は、'10年のドラフト、そして'11年のペナントレースの盛り上がりにつながる直近の好現象である。

◇3年生……斎藤佑樹、大石達也(ともに早大)、加賀美希昇(法大)、澤村拓一、山崎雄飛(ともに中大)、南昌輝(立正大)、大野雄大(佛教大)、榎下陽大(九州産業大)、川瀬弘晃(日本文理大)

◇2年生……野村祐輔(明大)、菅野智之(東海大)

◇1年生……三嶋一輝(法大)、東浜巨(亜大)

 以上に挙げたのはすべて投手だが、野手にも好素材が揃って目が離せない。'09年の十大ニュースには未来のアマチュア球界が色濃く反映されて興味深い。

関連記事

BACK 1 2
鬼屋敷正人
菊池雄星
日本文理高校
花巻東高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ