SCORE CARDBACK NUMBER

高橋建、連勝の秘密はオーロラビジョンにあり。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/06/12 00:00

 若いころ速球派として活躍した投手が、年齢を重ねていくことでストレートが通用しなくなることは往々にしてある。その時、フォーム改造や変化球を憶えることで、新しいタイプの投手に変貌する例は過去にも多くあった。

 今年6勝(5月27日現在)をあげている広島東洋カープの高橋建は、まさにそのタイプの投手である。今年でカープ一筋14年目。39歳のベテランになった。

 若いころは、ストレート中心の強気のピッチングで巨人戦を沸かせていた。しかし先発で勝ち星を上げられなくなると、中継ぎにまわされた。左腕の先発が足りないこともあり、再び先発に戻ったのは昨年のことだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

高橋建
佐々岡真司
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ