SCORE CARDBACK NUMBER

異色の新人、多田野に必要だったまわり道。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/06/26 00:00

 昨年、18勝5敗という圧倒的な成績を残し、交流戦の優勝を果たした北海道日本ハム。今季は森本稀哲、高橋信二ら主力を故障で欠きながらも首位戦線に加わっている。これは絶対的エースのダルビッシュに加えて、スウィーニーらの先発陣がゲームを作っているためである。特に異彩を放つ存在がメジャーからの出戻り新人、多田野数人だ。

 出戻りといっても日本球界の経験はない。立教大で通算20勝を挙げ、東京六大学歴代7位の334奪三振を誇った右腕は、'02年ドラフト自由枠で横浜指名が決まっていながら、スキャンダルに見舞われ指名回避された。その結果、トライアウトをいくつか受け、インディアンスとようやくマイナー契約を結んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 582文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[W杯アジア予選詳報]2008年型日本代表論。

関連記事

梨田昌孝
多田野数人
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ