SCORE CARDBACK NUMBER

2ケタに手が届く?アテネ金メダル予想。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2004/08/12 00:00

 日本はこれまで、夏季五輪で98個の金メダルを積み重ねてきた。大会別では'64年東京大会の16個が最高で、'72年ミュンヘンの13個、'68年メキシコの11個と続く。'88年のソウル以降は4、3、3、5個と尻すぼみだが、アテネ五輪ではもしかしたら2ケタに手が届くかもしれない。それほど今回の日本選手団はレベルが高い。

 まず金メダル確実なのは柔道100kg級の井上康生だ。心技体すべてにおいて死角は見当たらず、試合中のケガさえなければ順当に表彰台の真ん中に立つだろう。柔道は他にも3連覇を狙う60kg級の野村忠宏と100kg超級の鈴木桂治、女子48kg級の谷亮子、70kg級の上野雅恵、78kg級の阿武教子と優勝候補が目白押しで、最低でも4個は確保できそうだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 601文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview2アテネ五輪直前特集 ニッポンの超人たち。
アテネ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ