SCORE CARDBACK NUMBER

西岡の海外防衛戦が示す
ボクシング界の台所事情。
~海を渡る日本人王者の時代~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2009/06/16 06:00

西岡の海外防衛戦が示すボクシング界の台所事情。~海を渡る日本人王者の時代~<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

 初回にダウンを奪われたアウェーのリング。しかし、ピンチにも顔色ひとつ変えず、迎えた3回。ここで自己ベストショットとも言うべき左ストレート一閃――。

 5月23日、メキシコ・モンテレーで行なわれたWBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチで、西岡利晃は難敵と評判の高かったジョニー・ゴンサレスを深々とキャンバスに沈め、見事逆転TKO勝ちで王座を守った。トドメの左は、ミット打ちで何度も反復練習していたとっておきのパンチだ。

 いつもはクールな男が、顔を歪めて勝利の雄叫びを上げた。敵地の1万人を超す観衆のブーイングを一撃で黙らせたのだから、これほどの痛快事はあるまい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 612文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[W杯最終予選直前特集]勝利への提言。

関連記事

西岡利晃
マニー・パッキャオ

ボクシングの前後の記事

ページトップ