SCORE CARDBACK NUMBER

猛稽古で昇進を決めた新大関・日馬富士。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2008/12/18 00:00

 関脇の安馬が、一発で大関昇進を決めた。平成20年締めくくりの九州場所で、この一年、相撲ファンを裏切り続けた相撲界から久しぶりの吉報である。

 秋場所後の安馬の稽古は、質量ともに群を抜いていた。場所後の休みはわずか1週間。身体が随分大きくなったとはいえ、幕内最軽量の129kg。本場所中の疲れは他の力士以上のはずだが、休みなしの猛稽古を敢行した。充実した秋巡業を終え、福岡入りした後は連日約50番の申し合いもこなした。圧巻だったのは、場所直前の3日間、出稽古に来た横綱白鵬との鬼気迫る直接対決。勝敗では圧倒されたが、20番ほどで息が上がる横綱が土俵を降りても稽古を続けたのだ。その驚異的なスタミナには白鵬も舌を巻いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

攻撃進化論。ATTACKING EUROPE

Sports Graphic Number 718

攻撃進化論。
ATTACKING EUROPE

 

日馬富士
白鵬
琴奨菊

相撲の前後の記事

ページトップ