SCORE CARDBACK NUMBER

WBCでリベンジを期すジョンソンUSAの目論見。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/01/16 00:00

WBCでリベンジを期すジョンソンUSAの目論見。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 2009年、WBCイヤーが幕を開けた。いよいよ残り2カ月。指揮官がD・ジョンソンに決まるなど、開催国・米国代表の輪郭が少しずつ明らかになってきた。

 ジョンソン監督はオリオールズとブレーブスなどで二塁手として活躍。巨人でもプレーしたから日本でもお馴染みだろう。引退後は'86年にメッツを世界一、'95年にはレッズを地区優勝に導く。メジャー4球団の監督を歴任し、第1回WBCでもベンチコーチとして入閣。「(2次リーグ敗退の)前回は、投手陣の準備不足が敗因。今回はすでに(代表候補)選手との話し合いも進めており、今から楽しみだよ」と、北京五輪でも監督を務めたジョンソンは就任会見で野球王国の復権を誓った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 617文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【完全保存版】清原和博

Sports Graphic Number 720

【完全保存版】
清原和博

 

デーブ・ジョンソン

MLBの前後の記事

ページトップ