SCORE CARDBACK NUMBER

今期、福永祐一が絶好調なワケ。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byShigeyuki Nakao

posted2005/06/09 00:00

今期、福永祐一が絶好調なワケ。<Number Web> photograph by Shigeyuki Nakao

 今年だけで早くも4回目のGI・制覇。圧倒的な1番人気の支持を集め、馬の強さをたっぷりと見せつけて制したシーザリオ(栗東・角居勝彦厩舎、牝3歳、父スペシャルウィーク)のオークスは、福永祐一騎手の会心の演出だったようにも見えた。しかしゴールの瞬間にはガッツポーズがなく、福永の表情にはいつもの柔らかい笑顔もうかがえなかった。「馬の強さに救われました」は、100%のホンネだったのだ。

 マイルの桜花賞から、一気に800mも距離が延びるオークスだから、超スローになるのはあらかじめ読めていた。福永は「ゲート(の出方)次第では逃げてもいい」と秘策を描いていたほどだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦。 Germany will be mine!

Sports Graphic Number 629

決戦。 Germany will be mine!

 

関連記事

競馬の前後の記事

ページトップ