SCORE CARDBACK NUMBER

気鋭の28歳が掴んだマスターズへの切符。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2007/02/22 00:00

気鋭の28歳が掴んだマスターズへの切符。<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

 4大メジャーのひとつであるマスターズは、もともと球聖と呼ばれたアマチュア選手、ボビー・ジョーンズの私的な大会としてスタートしている。

 1930年、28歳で年間グランドスラム(全米オープン、全米アマ、全英オープン、全英アマ)を達成したジョーンズは、惜しまれつつ直後に引退。1934年に「共に戦った選手たちを招待してトーナメントを開きたい」と考え、「第1回国際招待試合」を開催した(「マスターズ」という呼称は第6回大会から)。すなわち、マスターズは本来、招待選手だけが出場できる大会だったのだ。

 歴史を重ねるに連れ、前年度のマスターズ16位タイ以内の選手、他のメジャー大会の勝者などの規定ができたが、外国人選手の招待基準は「独自の調査」とされ、半ば謎に包まれていた。しかし、1999年からはその基準も明瞭になり、世界ランキング50位以内ならどの国の選手にも招待状が届くようになっている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ