SCORE CARDBACK NUMBER

日本代表・山岸にみるGKのコーチングとは。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2006/10/26 00:00

日本代表・山岸にみるGKのコーチングとは。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 GKのコーチング、すなわち、後方から味方へ指示を出すことが重要なのは、机の上では分かっていた。だが、実際の(例えば、J1クラスの)試合では、GKの声がスタンドまで聞こえてくることはほとんどない。だから、現実には、「遅らせろ!」「縦切れ!」などの定型フレーズを状況ごとに使い分けている程度、と高を括っていた。失礼ながら。

 目から鱗、とはこのことである。

 ガーナ戦を控えた、日本代表の練習をスタンドから眺めていたときのことだ。一際、ピッチによく響く声が聞こえてきた。声の主は、GK山岸範宏である。

 単純に声が大きかったこともある。確かに、誰よりも大きく、よく通る声ではあった。だが、その声が印象深く耳に残ったのは、実にきめの細かい、具体的なコーチングだったからだ。優れたパサーを「ピッチを俯瞰しているよう」などと形容することがあるが、山岸もまた、それができているかのようだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 523文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー 黄金の行方。Still Believe in Football

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ