SCORE CARDBACK NUMBER

祖母井GMに学ぶ、
「いい監督」の見分け方。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byYukihiko Kimura

posted2007/06/28 00:00

祖母井GMに学ぶ、「いい監督」の見分け方。<Number Web> photograph by Yukihiko Kimura

 あるビジネス誌の取材でグルノーブルのGMに就任した祖母井秀隆氏に会う機会があった。オシムを日本に呼んだGMとしての交渉力や営業力を中心に話を聞いたのだが、個人的にどうしても訊いてみたかったことがあった。

 「いい監督」と「悪い監督」の見分け方、である。

 祖母井GMは今までにオシムを筆頭にベルデニックやベングロッシュなど東欧の名将を続々と連れてきて、ほとんど外れクジを引いていない。ヨーロッパの伝統ある名門クラブでさえ、ダメ監督を雇って痛い目にあうことがあるというのに。

 祖母井GMがまず重視しているのは、「アクションをおこせる」という要素だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 593文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

総合格闘技 “PRIDE後”の世界。DOES UFC RULE MMA?

関連記事

グルノーブル

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ