SCORE CARDBACK NUMBER

シーズンをもり立てる
“不惑”前後の鉄人たち。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2004/07/01 00:00

シーズンをもり立てる“不惑”前後の鉄人たち。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 7月13日に開催されるオールスターゲーム。今年のナ・リーグは史上最高齢の投手陣になる可能性が高い。先発は地元ヒューストンということもあって、41歳のロジャー・クレメンス。2番手は最年長完全試合男で40歳のランディ・ジョンソン。そして3番手が昨年の不調から脱して復活した38歳のトム・グラビンという“シルバーリレー”になるかもしれない。

 ア・リーグも負けていない。39歳コンビのケニー・ロジャース、ケビン・ブラウン、37歳カート・シリングで対抗できる。

 野手組でも39歳のバリー・ボンズを筆頭に、30代よりは40代に近い選手が何人も選出されるはず。それだけ、今年は超ベテラン選手の活躍が目を引くということである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ランディ・ジョンソン
ケビン・ブラウン
ロジャー・クレメンス

MLBの前後のコラム

ページトップ