SCORE CARDBACK NUMBER

12年ぶりの皇帝不在で、噴出する跳ね馬の課題。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

posted2007/02/08 00:00

 2007というマシン・ネーミングに戻したフェラーリの新たなる挑戦が始まる。'05年はF2005、'06年には伝統に則って248(2.4l

V8エンジンから命名)で臨んだが、ルノー2連覇を許した。'96年から'06年までエースを務めたM・シューマッハーが引退、チームにとって課題の多い年だ。

 まず技術陣では、'97年からずっと采配をふるってきたR・ブラウンが休養をとり、マシン・チーフデザイナーだったR・バーンも後継者とかわった。シューマッハーとスクラムを組み、栄光を築き上げてきた彼らの〈不在〉をどう補っていくか。これが第一の課題。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 656文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー 2007年の設計図。Tha Beginning of New Era
ミハエル・シューマッハー
キミ・ライコネン
フェリペ・マッサ
フェラーリ

F1の前後の記事

ページトップ