SCORE CARDBACK NUMBER

世界選手権の不振を糧に、
五輪全階級制覇を目指す。
~女子レスリング弱体化の危機!~ 

text by

横森綾

横森綾Aya Yokomori

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2009/10/28 06:00

世界選手権の不振を糧に、五輪全階級制覇を目指す。~女子レスリング弱体化の危機!~<Number Web> photograph by Uniphoto Press

ロンドンでの五輪3連覇を見据えて、吉田はタックルに頼らない新たなスタイルを模索中

 金メダル2個で少ないと言われるのは、日本ではもう女子レスリングくらいだろう。アテネ、北京と五輪の4階級すべてでメダルを獲得し、そのうち2階級は連続金メダル。日本女子は世界一が当たり前と思われている。

 9月下旬に行なわれた7階級実施の世界選手権では、多くのメダル獲得が期待されていた。しかし結果は金2、銅1。吉田沙保里の55kg級7連覇はさすがだったが、全体としては五輪の印象からは遠い、寂しい印象を与えてしまった。

 ここ数年、日本は経験豊富なメンバーで世界大会に臨んできたが、今回は若手中心に入れ替え、事前目標(全階級メダル、うち金3)に届かなかった。ならば、五輪のメダリストたちが揃えば不振は免れたのか。「そんな簡単なことではない」と栄和人・女子強化委員長は言う。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

吉田沙保里
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ