SCORE CARDBACK NUMBER

勇退する「ビッグ・サカ」の大きすぎる陰の功績。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2005/04/28 00:00

 坂口征二CEOが経営の第一線から勇退。しかし、常勤相談役として新日本に残ることになった。創立者のアントニオ猪木に物が言えるのはいまや彼しかおらず、落ち込みの激しい業界にとってはまだまだ必要な人物だ。

 振り返ると、坂口が社長に就任したのは年号が平成に変わった'89年の6月。翌年3月、「プロレスラーと社長の二股稼業は無理」とキッパリ引退。その後はファンのために主要都市をまわっている。

 筆者にとっては『“世界の荒鷲”19年の歴史』という引退ツアー記念のパンフレット製作に携わった際に、故郷の福岡・久留米で行われた引退試合に招待され、現役最後の祝宴に加わり、一緒にしこたま飲んだのが最高の思い出である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 625文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]1980-2005 日本野球の25人 ベストゲームを語る。
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ