SCORE CARDBACK NUMBER

新春から全日本で大暴れ、'07年プロレス界の主役。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2007/01/25 00:00

「佐々木健介(40)、ただいまここに帰ってきました。今まで休んでいた分、'07年は思いっ切り走ります!」

 左目眼窩底骨折で欠場していた健介が正月2日の東京・後楽園ホール、全日本・新春シャイニング・シリーズ開幕戦で半年振りに復帰。憎きTARU率いるブードゥー・マーダーズをラリアットでなぎ倒し、恒例のバトルロイヤルに優勝するなど1日に2回の勝ち名乗りを受ける、ド派手な再起ファイトをやってのけた。

 会場入り口には右腎臓ガン摘出手術で欠場中の“戦友”小橋建太(ノア)からの生花を見つけた。昨年7月の日本武道館、自らの怪我を隠して小橋の代役に立った健介は「早く戻ってきて欲しい」とエールを贈り、2人だけの熱いバトル・ドラマに胸を打たれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[RUGBY FOOTBALL CLIMAX]ラグビー 猛き光芒。
佐々木健介
小橋建太
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ