SCORE CARDBACK NUMBER

荒鷲二世、デビューはほろ苦いKO負け。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2007/05/17 00:00

荒鷲二世、デビューはほろ苦いKO負け。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 現実は厳しかった。仕事と格闘技の両立に挑んだ“荒鷲二世”坂口征夫(33・坂口道場)のプロデビュー戦は、111秒の惨めなKO負けだった。

 パンクラスの4・27後楽園ホール大会。第4試合に登場の征夫は、ウェルター級(75kg未満)5分2Rで空手出身のチェ・ヒュンソクと対戦した。ヒュンソクの長いリーチに阻まれ、得意のヒザ蹴りが決まらず、右フックから左ストレートの連打を食らって、ひざから崩れ落ちた。

 「ヒザもパンチも当たらなかった。経験不足の一言です」。敗れた征夫は潔かったが、それでも負けん気が頭をもたげ、尾崎允実社長に韓国でヒュンソクとの再戦を直訴していた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

プロレスの前後のコラム

ページトップ