SCORE CARDBACK NUMBER

3500試合出場もドラゴンの苦闘は続く。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2007/06/14 00:00

 無我ワールドの藤波辰爾(53)が5月20日の岡山大会で国内通算3500試合出場を達成した。26日には都内のホテルでデビュー35周年のパーティも行っているが、'71年5月に北沢幹之戦でデビューしているので、実際は36年目。新日本退団を決意した頃と時期が重なっていて、延び延びになっていたのだ。

 プロレスにおける通算出場回数では55歳で現役を退いた師匠・アントニオ猪木や、大日本プロレスのグレート小鹿社長が遥かに上回っているが、記念試合と銘打った大会を行ったのは、故ジャイアント馬場が'93年6月1日に日本武道館で5000試合出場記念興行(生涯出場回数は5758試合)を行って以来のことである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

スーパーアグリ主義。 Pride,Passion&Potential

プロレスの前後の記事

ページトップ