SCORE CARDBACK NUMBER

愛すべきプロレスの原点、
後楽園ホール45周年。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2007/04/19 00:00

愛すべきプロレスの原点、後楽園ホール45周年。<Number Web> photograph by Essei Hara

 全日本初の試み、平日の東京・後楽園ホール5連戦。3月30日の'07チャンピオン・カーニバル最終戦、終わってみればV予想ではノーマークだった武藤敬司(44)の3年ぶり3度目の優勝。

 この大会、そもそも武藤社長の発想は、新日本で行った'90年8月、橋本真也が軸となった日本選手のみの「バトルホール・ア・ウィーク」7連戦超満員という驚異的な興行レコードにあったと思う。

 今回、外国人選手の出場は巨漢のロージー(RO'Z)のみ。移動経費が一切かからず、人気低迷という時代に見合った省エネ興行なのだ。3日目、4日目はともに1200人と不入りであったが、最終日は2100人の超満員札止め(数字はいずれも主催者発表)。5日間の観客動員数は7500人。1人の負傷欠場選手もなく終わりよければすべてよし。ウイークデーという事情を考慮すれば成功だったといえる。大都市における一極集中型の大会は、今後の興行のアイデアと企画に、いくつかのヒントを与えてくれたことは確かだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 504文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

Sports Graphic Number 676

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

 

関連記事

武藤敬司
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ