SCORE CARDBACK NUMBER

シーズン序盤戦で
旧2強が犯した誤算。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2009/04/17 07:00

シーズン序盤戦で旧2強が犯した誤算。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 崩壊した“2強時代”。開幕第2戦マレーシアGPで、それがはっきりした。10チーム中最下位のフェラーリは無得点、8位マクラーレン・メルセデスは1点。こうした事態を誰が予想できただろうか。昨年コンストラクターズとドライバーズのタイトルを最終戦まで争い分けた2強は、いまやプライベートチームのなかの“2弱”に埋没してしまった。

 '09年の新2強は2連勝ブラウン・メルセデス(旧ホンダ)と、2戦連続3、4位入賞のトヨタで、なんといっても新興勢力としてデビューを連勝で飾ったブラウンが新風を吹き込んだ。

 今季キャリア10年になるJ・バトンはホンダ時代に'06年ハンガリーGPで1勝したものの、その後マシン不調もあって本来のドライビングに陰りが見えていた。しかし、新生ブラウン体制となって見事に復活。しなやかで美しいコーナリングが蘇り、ドライでもウェットでもコンスタントなレースペースが際立つ。彼がいなければこの2連勝はありえなかっただろう。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

マクラーレン
フェラーリ

F1の前後のコラム

ページトップ