SCORE CARDBACK NUMBER

新星レイカーズとブライアントの未来。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2004/11/18 00:00

 いったい、いつからコービー・ブライアントは変わってしまったのだろうか。

 つい先ごろ刑事裁判の訴えが取り下げられた婦女暴行事件のことではない。選手としての話だ。

 かつてデニス・ロッドマンは、「あのチームで見込みがあるのはコービーだけだ。ヤツは向上心があり、学ぼうとしている」と言っていた。試合の途中にマイケル・ジョーダンにアドバイスを求めたり、フィル・ジャクソンがレイカーズのコーチに就任する前から彼の片腕であるテックス・ウィンターに電話してトライアングル・オフェンスを学ぼうとしたのもブライアントだった。情熱的で、向上心にあふれ、年齢より大人の考えをする選手だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 627文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表インタビュー特集 ある結実。

バスケットボールの前後の記事

ページトップ