SCORE CARDBACK NUMBER

逆境を見事に克服した本山哲が異例の挑戦。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2004/09/09 00:00

 8月1日開催された全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第5戦で、本山哲が優勝した。本山は昨年、星野一義率いるインパルに所属しシリーズチャンピオンになった。同時に全日本GT選手権でもシリーズチャンピオンとなって国内レースの頂点に立ち、「来年はF1に挑戦する」と宣言した。

 しかしF1チームとの交渉は難航した。F1参戦メーカーとの関わりを持たない本山のようなドライバーが割り込めるチームは限られており、当然そこでは持ち込み資金が求められる。その駆け引きを2月半ばまで続けたものの、結局はF1参戦を断念し今年も国内レースを戦うことになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 641文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

アテネ五輪特別編集THE GOLDEN DAYS

Sports Graphic Number 610

アテネ五輪特別編集
THE GOLDEN DAYS

 

モータースポーツの前後の記事

ページトップ