SCORE CARDBACK NUMBER

“貧乏球団”が見せる快進撃への期待。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2008/06/12 00:00

“貧乏球団”が見せる快進撃への期待。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 春の珍事、と言ってはもはや失礼かもしれない。初夏も過ぎ盛夏を迎えようとしているが、アスレチックスとレイズの快進撃が止まらない。5月27日時点でレイズが首位、アスレチックスが首位に僅差の地区2位。この2チームに対する今シーズン開幕前の予想では、最下位争いをするとの見方が大半で、活躍を予想した関係者は皆無だった。

 アスレチックスは昨季、9シーズンぶりに負け越しという屈辱を経て、ビーンGMがチーム再建を宣言。エースのヘイレンなど主力を放出し、数年先を見据えた編成に切り替えたばかりだった。だがアスレチックス一筋6年目で、過去にも同様な状況を経験しているエリスは「誰かが抜ければチャンスが訪れるんだから、そのモチベーションは計り知れない。チームは活気に満ちていて諦めムードが漂ったことはないよ」と、過去10年で5度もポストシーズンに進出した秘訣を語る。片やレイズは対照的に万年“ドア・マット”チームだった。球団創設以降10シーズンで9度も最下位という苦汁を舐めたが、ヤンキースなど強豪球団を差しおいて、球団史上初の首位に立ち続けている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 454文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州選手権プレビュー]彼らが賭すもの。
ジョー・マドン
ボブ・ゲレン
オークランド・アスレチックス
タンパベイ・レイズ

MLBの前後の記事

ページトップ