SCORE CARDBACK NUMBER

今、女子に求められる、闘いに臨む覚悟。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2005/12/22 00:00

今、女子に求められる、闘いに臨む覚悟。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 “女子カク”こと女子格闘技が一進一退の動きを見せている。昨年は竹の子のように増えた女子カク専門イベントは霧散。現在は総合系のSMACK GIRLとG―SHOOTO、立ち技系のANGELSと天空に落ち着いた。'06年には男子が主体のDEEPでも女子タイトルが新設される予定だ。K―1とPRIDEのように大きな柱があるわけではないが、小さいながらも持つべきは我が家。去年のように各プロモーターが少ない競技者を奪い合うようなことはなくなったため、イベントごとのドラマは作りやすくなった。

 結果的に全体のイベント数は減ったものの、競技人口は確実に増えている。かつて女子カクの象徴であった女子プロレスでは老舗の全日本女子プロレスがジ・エンド。安定した人気を誇っていたGAEAも解散したため、腕っぷしに自信のあるレスラーの総合進出も後を断たない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

格闘技の前後のコラム

ページトップ