SCORE CARDBACK NUMBER

9・25のPRIDEは、過酷なサバイバル。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2005/09/29 00:00

9・25のPRIDEは、過酷なサバイバル。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 初戦からいきなり切り札。9月25日、東京・有明コロシアムで開催される「PRIDE GP2005ライト級トーナメント」の1回戦で組まれた五味隆典(木口道場レスリング教室)vs.川尻達也(TeamTOPS)が話題を呼んでいる。五味がPRIDEで無傷の7連勝中ならば、川尻はかつて五味が保持していた修斗世界ウェルター級王者。誰もが決勝戦での顔合わせを期待する一番の御馳走だったからだ。

 「なぜ1回戦でキラーカードを組むのか」と首を傾げるファンもいるが、残る6名も桜井“マッハ”速人(MACH道場)、ヨアキム・ハンセン(ノルウェー)など実力派が勢揃い。いわゆる金魚はいない状況だ。1回戦から全て潰し合い。これほど決勝進出者の予想が難しいトーナメントも珍しい。五味と川尻を別々のブロックに分けたら、彼らが拳を交わせる保障はどこにもない。「だったら両者ともコンディション100%の状態で闘える時にぶつけた方がいい」と主催者側が判断したのだろう。それともファンが一番見たいカードを初戦に組むことで、興行に勢いをつけたかったのだろうか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 468文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[Japan GP Preview]鈴鹿にすべてを。

Sports Graphic Number 637

[Japan GP Preview]
鈴鹿にすべてを。

 

格闘技の前後の記事

ページトップ