SCORE CARDBACK NUMBER

セレクションを経た代表に、期待の若手、2人あり。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2005/04/14 00:00

セレクションを経た代表に、期待の若手、2人あり。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 南緯35度、西経57度。ちょうど地球の裏側の国、南米ウルグアイと、日本代表は4月16日、'05年度の初戦を戦う。15人制では初めての対戦だ。

「今のジャパンの状態を考えたら、地球の裏でもどこへでも行って、結果を出して信頼を取り戻したい」。遠征を控え、主将の箕内拓郎はそう言った。スコットランドに8対100、ウエールズに0対98と、昨秋の欧州遠征で壊滅的な大敗を重ねた日本代表にとって名誉回復への第一歩。ウルグアイは知名度こそ低いが、W杯には2回出場して2勝と既に日本の実績を上回り、IRBの最新世界ランキングも日本の18位に対して15位。さらに1週後の23日には、世界の8強に数えられるアルゼンチン戦。楽観できる要素は何もない厳しい遠征だが、負債を抱えてスタートする日本代表にはむしろ相応しい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]W杯最終予選完全詳報 日本代表 彼らの証言。

ラグビーの前後の記事

ページトップ