SCORE CARDBACK NUMBER

南米テストマッチ2連戦。「ドサ回り」で掴んだ逞しさ。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2005/05/12 00:00

南米テストマッチ2連戦。「ドサ回り」で掴んだ逞しさ。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 成田からアトランタ経由でブエノスアイレスへ。高速船で大河ラプラタを渡り、バスに乗り継ぎモンテビデオまで37時間。日本代表が再建の地に選んだ南米大陸は、記者にとっても遠かった。

 だが、現地の日本代表は逞しかった。「移動は多かったけど、時差は気にならなかった。グラウンドもグシャグシャだったりしたけど、去年のルーマニアを考えればマシです」。箕内拓郎はサラリと言った。3月30日に日本を発ち、フランス合宿では連日の氷雨、ときには雹が降る中で連日午前午後の2部練習。ウルグアイでは雨と泥田のグラウンドでも、アルゼンチンでは真夏のような日差しの下でも。桜前線が列島を縦断するほぼ1カ月間で、桜の軍団は地球の裏側までを往復。それも2人のフランス人コーチの指揮下、激しくコンタクトしながら常に判断を要求されるメニューを連日消化しながら。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 570文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

超格闘争乱 ミドルの魂。In The Middle of Golden Battlefield

ラグビーの前後の記事

ページトップ