SCORE CARDBACK NUMBER

“聖地”で繰り広げられる、'05年全英の見どころは? 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2005/07/21 00:00

“聖地”で繰り広げられる、'05年全英の見どころは?<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 全英オープンが5年ぶりにセントアンドリュース・オールドコースで開催される。10年前の'95年、ジョン・デーリーが優勝したとき、オールドコースの全長は6933ヤードだった。優勝スコアは通算282の6アンダー。'00年、タイガー・ウッズが優勝したときは、7115ヤードまで全長を延ばし、優勝スコアは通算269、19アンダーだった。

 今回はさらに距離を延ばした。2番ホールを40ヤード、4番ホールを16ヤード、12番ホールを34ヤード、14番ホールはなんと37ヤードも延ばして618ヤードとなり、全長では7279ヤードとなった。ゴルフ道具の劇的な進化に合わせる形で、コースの全長を延ばし続けているのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ